残留農薬とポジティブリスト制度

残留農薬の分析にはガスクロマトグラフィーが用いられます

残留農薬を分析するためには、食品から農薬を抽出する必要があります。食品はさまざまな物質の混合物ですから、正確な分析を行なうためには、何段階かの処理を施して食品由来の成分を取り除き、農薬だけを選り分ける必要があります。

現在、残留農薬の定量分析に使われるのは主にガスクロマトグラフィーと高速液体クロマトグラフィーです。

ガスクロマトグラフィー(写真参照)では、分析対象となる野菜や果物をすりつぶして均一化し、溶媒を加えて残留農薬を抽出し分析の邪魔になる物質を取り除いた試料を、ガスクロマトグラフと呼ばれる専用の機器に数μL注入します。

出口にはセンサーが設置されており、出てきた成分を感知します。検知器の種類により感度が違うため、さまざまな検出器が開発され、分析目的、対象成分に応じて利用され、その能力も向上しています。

高速液体クロマトグラフィーは、充填剤を詰込んだカラム(固定相)に水や有機溶媒などの液体(移動相)を流しながら、移動相にサンプルを混ぜて固定相を通過させることでサンプルの成分分離を行い、紫外・可視吸光などの検出器で分析します。

残留農薬 : ADI(一日摂取許容量) | 実際の摂取量 | 分析方法 | 農薬の落とし方 | 輸入農産物の検査体制
ポジティブリスト制度 : 制度の仕組み | 一律基準とは | 暫定基準とは | 制度の対象外物質

Copyright 2015 残留農薬とポジティブリスト All Rights Reserved